Daylighting

Daylighting - デイライトデザイン

デイライトデザイン

 

Daylighting Design太陽光で満たされた空間を提供することによって、最高の空間をを作ること。 シンプルな設計手法は、建物を使いやすく、人々の生産性を高め、より幸せで健康的な空間を実現します。更に優れた太陽光の活用法は、統合された建築設計アプローチを必要とします。 デイライトデザインは、視覚的、熱的、エネルギー的な要求をトータルで満たします。ダンパルは太陽の動きを把握する長い経験を有し、あらゆる建徳設計に積極的に応用していきます。

 これまでのデイライトデザイン

バウハウスの学校は建築物の設計におけるパラダイムシフトを担当し、今日も引き続きデザイナーに影響を与え続けています。最も影響力のあるバウハウスのテーマの1つは、室内空間の形成と概念の明示における光の役割です。バウハウスの考え方では、光と透明性はオープン性、自由、民主主義、一貫性と健康を意味します。これは、多くのガラスを使用するデザインに変換され、自然光が建物に流れ込み、内部が世界の外につながります。
光に特に関心があるバウハウスの幹部は、光を混色して白色光を作り出す方法を実演したHirschfeld-Mackと、空間を彫刻するために影と光を使ったAlbersを含んでいた。 LászlóMoholy-Nagyは、芸術は光を反射するときにのみ意味を獲得すると信じていました。彼のアイデアは、バウハウスと彼自身の生涯をはるかに超えた世代の建築家、アーティスト、デザイナーに影響を与えました。例えば、ル・コルビュジエは、自然光を室内空間に導く手段として窓の重要性を信じていました。彼のfenêtreen longeur、または長い水平の窓は建築のアーキタイプになっています。


Daylighting Designデイライトデザインのトレンド

  • 持続可能性、自然光溢れる環境が人の健康にどう影響するか関心が高まっています。
  • 自然光は、室内空間を明るくして使い勝手を良くするだけでなく、空間を垂直的に繋ぎ、ダイナミックな空間を生み出します。
  • 熱効率のよい薄型フレーム技術の改良により、建築家はより多様な外装や開口部を探究することができます
  • 優れたディテールにより気密性、水密性が高まり、より純粋な形を作り出すことができるようになります

 

自然光を魅せる最も効果的な方策

  • 建物に光がどのように入り、室内を照らし、空間に活気を与えるか、滞在する人に対する身体影響を注意深く考えること。
  • 自然光からインスピレーションを受け、建築の芸術性を高めるために更に美しい光を取り入れること。
  • 自然光を建物に取り入れ、様々な方法で。建物の機能と空間の美観のバランスを探究すること。
  • 建築の様々な部位で、素材とそれらの光がどのように作用するかを考え建物の外観を整えまること。

 

Daylighting Designデイライト、ダンパルのアプローチ

ダンパルは、優れたデザインの建築は、快適な内部環境を維持しながら、自然光を採り入れる必要があると考え、建築外装において光を導入するこてができるパネルシステムを提供しています。 ダンパルは、省資源化に向けて最も効果的な開口部を計画するための製品と設計支援ツールを提供します。
ダンパロンは透過パネル接合システムは、世界に先駆けて開発され30年以上にわたって、商業、教育、運輸、健康、スポーツ、ハイテク産業等、様々な建築プロジェクトに使用されてきました。
最先端のシミュレーションソフトを使用することにより、照明と太陽エネルギーの効果を検証し、最適な採光計画を実現します。
開口部に革新をもたらす専門家として30年の実績を有し、独自のソリューションを産みだし続けています。